銀行カードローンは専業主婦でも申し込める?

総量規制の法律は、年収の3分の1以上の貸し付けを、貸金業者に対して禁じているものです。そのため施行されたときには急に貸し付け限度枠が無くなってしまった人、新たな借入が全くできなくなった人などが続出し、混乱を招きました。債務整理を行う人が急激に増えたのもこの時期です。しかしこれはあくまでも貸金業者に科せられている法律です。銀行は貸金業者ではありませんので、この法律の対象からは外れています。銀行カードローンは貸金業者が保証会社として付いていることはあっても、あくまでも銀行が貸主です。そのため総量規制に関係なく申し込みを行うことが出来るのです。


<専業主婦でも利用出来る銀行カードローン>

銀行カードローンの中にも商品によって「専業主婦不可」となっているものもありますが、その申込条件がなければ、貸金業者のカードローンのように「収入がないから受け付けできない」というものではありません。専業主婦でも単独で申し込むことができるのです。参考として審査において配偶者の年収を求められることはありますが、配偶者の承諾なしに信用情報を取り寄せることはできませんし、返済義務は借主にあります。銀行カードローンは家族に知られずに専業主婦が利用できます。ただし年収がある人に比べて貸し付け限度枠が小さめになることはあります。

Posted in 銀行カードローン

コメントは停止中です。